旅行記

Album

Route

Hotel

Topics

準備編

現在の閲覧者数

今までの閲覧者数

リンクフリーです。
Mail頂けると嬉しいです。
バナー
  • Home
  • >
  • シリア
  •    

シリア 2009/10/2〜2009/10/10

総合: 先入観とのギャップが大きい国。
物価: 相当安い。タクシー初乗り8円。食事も数百円だせばお腹一杯。
交通: 市民の足はミニバンタイプの乗り合いタクシー、セルビス。 バスは数百円だせば何時間でも走る。 行き先はアラブ文字のため、もはや呪文だが、聞けば親切に教えてくれるのがこの国。
治安: いわゆる中東のイメージは皆無。かなり平和。
人 : 都市部は普通だが、田舎での人のやさしさは半端ない。
見所: 学割は26歳以下のみ適用が多い。 各都市の旧市街、パルミラ、クラックデシュバリエ、イスラエルによって焦土と化したクネイトラ。
食 : 基本おいしくない。フルーツジュース、ローストチキン、ケバブ、野菜煮込みはいける。 ハマロールは…。
気候: 暑い。雨は降らない。
言語: あまり英語は通じないがジェスチャーでなんとかなる。 アラブ数字は自然に読めるようになる。 ミミズ文字は読む気すら起きない。
その他: 道はタクシーで埋め尽くされており、排気ガスがものすごく、マスクがあった方がいい。 歩いているだけで喉が痛くなるのはこの国だけ。 ネットが遅い。 ビザはトルコのアンカラでは取得拒否。在トルコのみ。国境で取得。20USドル。 同時期のイスタンブールでは取得可能。
1日、1人当たり出費 : 2525円
宿泊費  交通費■ 
食費  観光費・土産代等

訪れた都市 :  旅行記  Album  Route 
都市名 滞在日時 コメント
アレッポ 2009/10/2
〜10/4
猛烈に親切な人々だが、大量のヒュンダイ製タクシーで大気汚染進行中。 アレッポ石鹸の星の数は質ではなくオリーブと月桂樹の配合割合。 ATMに困ったらヒルトンホテルへ。 ここからハマへ向かうバスは費用対効果世界最高。 3列本皮シート、3時間で250円。
ハマ 2009/10/4
〜10/6
名物は水車とハマロール。 ガイドブックには落ち着いた町をにおわす記述があるが、あいかわらずの交通量。
パルミラ 2009/10/6
〜10/7
地元住民のバイク運転で日々消耗する出入り自由の世界遺産は、 物売りとバクシーシ少年の憩いの場。 学割は26歳以下。 評判はいまいちだったが、我々は意外と満喫。 バス出発地点が複数あるのでタクシー運転手や親切な地元住民に連れて行ってもらう。 観光地プライスで手ごろなレストランはない。ケバブで腹を満たす。
ダマスカス 2009/10/7
〜10/10
猛烈な交通量を誇る首都。当然信号機など存在しない。 宿は年々値上がりしている。
クネイトラ 2009/10/8
ゴラン高原にある廃墟。イスラエル軍の撤退時に爆撃を受ける。 悲惨さを伝えるためそのまま保存。

Home
inserted by FC2 system